偏頭痛は慢性的な頭痛でズキズキと痛みます。
ストレスや生活などが原因と言われていますが
水分不足が原因となる可能性もあります。

偏頭痛は空腹とともにおとずれる?特定の食材が原因の可能性も!

偏頭痛を誘発してしまう原因は数多くあります。

雨の前後や雨の日当日、疲れ目、ストレスや疲労などです。

しかし、これだけではなく、私たちが日常、口にしている食材や、嗜好品にもあります。

ここでは、偏頭痛の原因となりうる食材や嗜好品についてご紹介していきます。

原因となりうる食べ物

ポリフェノールを含むもの
ポロフェノールは血管を拡張させる作用があります。
赤ワイン頭痛は血管の収縮や拡張で引き起こされるため、ポリフェノールを含むものを摂取するのは控えた方が良いでしょう。
赤ワインをはじめとして、飲み物では、紅茶、コーヒー、ココアなどが挙げられます。
また、チョコレートやブルーベリーもポリフェノールを含む食品です。
チラミンを含むもの
チーズチラミンは、赤ワイン、チーズ、チョコレートに含有されている成分です。
これも過度に摂取してしまう、日常的に採り続けてしまうと頭痛を誘発する原因となりえます。
特に、赤ワインとチーズを好んで食べる方は注意が必要です。
うま味調味料
スナック菓子うま味調味料やスナック菓子に含まれるグルタミン酸は血管を収縮させる作用があります。
そのため、偏頭痛を引き起こしてしまう可能性があるのです。
いつも自宅で食事を作るときに、顆粒だしや、中華だしを使っている、愛用している方は注意してください。
また、スナック菓子が好きで、日々食べる習慣があり偏頭痛を持っている場合は摂取を少なくした方が良いかもしれません。

空腹時も頭痛を引き起こす

頭痛を誘発するものの中に、空腹が含まれます。

空腹時には、血糖値が下がってしまい、血糖値が下がると、糖分を欲して血管が拡張してしまうのです。

そのため、空腹を避けるようにしましょう。

忙しいから食事を満足に摂れない日が続いたり、ダイエット中で食事制限をしていたりすると、頭痛を引き起こしてしまう原因になりかねません。

頭痛に良い食べ物とは

今までは、控えた方が良い食べ物を紹介してきましたが、頭痛に良い食べ物はどのようなものがあるのでしょうか。

バナナ、アーモンド
マグネシウムを含む食品は頭痛に良いとされています。
マグネシウムは張り詰めた血管を緩めてくれる作用があるものです。
サーモン
サーモンはオメガ3脂肪酸を含む食材です。
この栄養素は、抗炎作用があり、血管が炎症により拡張されているのを抑える働きを持ちます。
他に含まれている食材として、イワシが挙げられます。
ビタミンB
これは血圧を下げてくれる働きのある栄養素です。
血圧を下げることで、拡張を緩和させてくれます。
ほうれん草やレバーなどに多く含まれます。

これらの栄養素を含む食べ物を摂取して、頭痛を緩和させたり、予防したりすると良いかもしれません。

また、これ以外にも、脱水による頭痛もあるため、水分を摂るのも有効な手です。

まとめ

ここでは、偏頭痛の原因として、食事や嗜好品について解説してきました。

普段何気なく口にする食品ですが、頭痛を誘発してしまう食べ物も知らない間に摂取しています。

特段、偏頭痛がない人は気にしなくても良いかもしれませんが、ストレスや疲れ、雨の日の頭痛などがあり、気になる方は参考にしてみても良いかもしれません。

ウォーターサーバーに関するお役立ち情報