偏頭痛は慢性的な頭痛でズキズキと痛みます。
ストレスや生活などが原因と言われていますが
水分不足が原因となる可能性もあります。

偏頭痛は水分不足でも発生する!気になるそのメカニズムをご紹介

偏頭痛を持っている人は、どうにかしてその頭痛を解消しようとさまざまな方法を試しているかもしれません。

原因は、ストレスや緊張、雨などによる気圧の変化などいろいろな要因が重なって引き起こされるケースもあります。

今回は、水分不足から招く偏頭痛についてご紹介していきます。

水分は人間の体には必要なもの

水分が不足している様子

美容と健康のために水分を摂る。

といった話を聞いたことがあるでしょうか。

この話はあながち間違いではありません。

人間の体は約6割が水分といわれています。

そのため、水分が不足してしまうと体は正常に機能しなくなる恐れがあるのです。

血液は、体の中で酸素や栄養を運ぶ役割を担っています。

その血液は水分が十分にある状態であれば、サラサラしており、循環もスムーズです。

しかし、水分が不足してしまうことで、血液はドロドロとしてしまい、血液が滞ります。

それが元となり体調を崩してしまうケースもあります。

また、便秘になったり、肌の乾燥の元になったりもするのです。

また、脱水症状も水分不足によるものです。

経験したことがある人は、その辛さを知っているかもしれませんが、吐き気や疲労感、口渇などが挙げられます。

ひどいときには痙攣を起こしたりもします。

また、生命の危機にもつながるのです。

そのため、水分は、人にとって重要な役割を持つものなのです。

水分不足は偏頭痛の原因にも

水分が不足すると体の中でさまざまな不調を引き起こしかねません。

もちろん、頭痛も例外ではなく、水分が減り、体の中で血液が停滞するとうまく頭にも酸素や栄養が運ばれなくなってしまいます。

そうなってしまうと、血液を運ばせようとするため、血管を拡張させます。

血管を拡張させることは、頭痛を引き起こす原因となるのです。

ですから、できる限り、水分をこまめにとり、不足している状態を回避するのが得策といえます。

また、水分が不足すると自律神経にも影響があるといわれています。

自律神経が乱れるとストレス負荷がかかった状態になってしまい、結果として頭痛の原因となってしまいます。

緊張や、雨などの気圧の変化が原因で頭痛が起きてしまう人は、自律神経が絡んでいる可能性も捨て切れません。

そのため、水分補給をすることにより解消できる可能性も出てくるかもしれないのです。

水分はできる限り水や白湯などで摂る

水分補給をすればいいから、といった理由で、砂糖がたくさん入ったジュースやコーヒー、お茶などで補給する人もいるかもしれません。

ですが、多く飲む場合は注意が必要です。

特に、コーヒーや紅茶、お茶の中でもカフェインが含まれている飲料は、利尿作用があるため、飲んでも体内に蓄積されず、排出してしまいかねません。

そのため、これらの飲料だけで、水分を補給しようとしないようにしてください。

お茶の中にはノンカフェインのものもあります。

水や白湯、ノンカフェインのお茶をうまくローテーションして無理のない水分補給をするのがベストではないでしょうか。

また、水と一口にいっても、ミネラルウォーターや水素水などもあります。

自分の体の中で不足しがちなものを補ってくれるような水分を摂るとよりよいかもしれません。

まとめ

今回は水分の不足で偏頭痛を引き起こす原因となることをご紹介していきました。

偏頭痛はストレスや、食べ物、雨などによっても誘発させる恐れがあります。

ですが、水分不足はこれらの中でも、比較的解消しやすいものです。

また、偏頭痛だけではなく、美容と健康にもよいとされているので、積極的に水分補給をしてみるのもよいかもしれません。

ウォーターサーバーに関するお役立ち情報