偏頭痛は慢性的な頭痛でズキズキと痛みます。
ストレスや生活などが原因と言われていますが
水分不足が原因となる可能性もあります。

偏頭痛の精神的な要因とは?ストレス・疲労…どのようなものがあるのかご紹介

偏頭痛の原因として、雨などの天候をはじめとする環境要因の他には、緊張や疲労などの精神的な要因があります。

偏頭痛のきっかけとなる、精神的な要因はどのようなものがあるのでしょうか。

詳しく見ていきましょう。

偏頭痛の精神的な要因とは

脳の断面図

頭痛が起こってしまう原因のひとつとして、脳の血管が収縮したり、拡張したりすることが挙げられます。

緊張しているとき、体がこわばったり、かたくなったりしています。

その際には血管が収縮した状態や、血流がうまく循環していない状態を引き起こします。

そして、緊張がほどけたときに、一気に収縮していたものが拡張されることによって偏頭痛が誘発されてしまうのです。

また、ストレスも同様です。

普段からストレスを感じている場合、それから解放され、リラックスした状態になったときに偏頭痛が起こってしまう人もいます。

そのため、平日は頭痛が起きずに、土日に起きてしまうとゆうケースも少なくありません。

また、ストレスを受けているときは、それに対して身体は抵抗しようと働きかけます。

その際に血圧を上昇させます。

血圧が上がることにより、血管が収縮と拡張し、結果として頭痛が起こってしまうのです。

できる限り緊張を少なくし、リラックスできる方法を見つける必要があると言えます。

疲れからくる偏頭痛

原因のひとつとして、寝不足や疲労、ホルモンバランスの変化などが挙げられます。

そのため、慢性的に寝不足だったり、体が疲れた状態だったりすると偏頭痛が起こってしまうのです。

体全体が疲れている原因としては、寝不足もあるかもしれません。

また、寝不足である場合は、目を休められていないとも考えられます。

結果として、体が疲労困憊しているのであれば、偏頭痛を引き起こしやすいとも言えるでしょう。

体は休めるときに休ませる
これらのことから、継続して緊張しないようにする、疲れを溜めないのが得策と言えます。
ですが、日常的に感じているストレスとうまく対処するのはそう簡単なことではありません。
ですが、休日に一気にリラックスする時間を取るのではなく、1日のうちにこまめに休息をとりリラックスすることや、疲れを感じなくても、自分の体を労わる必要があります。

また、これらの精神的な要因だけではなく、雨や気圧、季節などの環境的な要因も偏頭痛をきたす恐れがあるため、それらも考慮して、過ごすことが必要です。

この頭痛は風邪が治れば良くなる、二日酔いがなくなれば解消するような頭痛とは違います。

そのため、うまく付き合っていく必要があるのではないでしょうか。

自分の体調やメンタル、雨の日などといったようにさまざまな状況を鑑みて行動してください。

まとめ

今回は、偏頭痛の原因として、緊張をはじめとする精神的な要因について触れてきました。

偏頭痛の原因はひとつだけ、といったように特定するのは難しいとされています。

そのため、偏頭痛を持っている人は、自分の偏頭痛はどのようなものか、どういった理由で起こるのかをよく理解して、それに合わせた解消法を探っていく必要があるかもしれません。

ウォーターサーバーに関するお役立ち情報