偏頭痛は慢性的な頭痛でズキズキと痛みます。
ストレスや生活などが原因と言われていますが
水分不足が原因となる可能性もあります。

偏頭痛の原因って?気圧の変化・温度変化・ブルーライトなど環境要因の可能性

偏頭痛の原因はさまざまです。

生活環境やストレス、嗜好品などから誘発され頭痛を引き起こす場合もあります。

今回は、偏頭痛の原因の中でも、環境要因としてどのようなものが存在するのかご紹介していきます。

季節や温度、気候によるもの

気温の変化

偏頭痛を引き起こす要因のひとつとして、温度の変化が挙げられます。

これは、急激に寒いところから暖かいところへと移動すると、体の中の血管が拡張したり収縮したりするからです。

血管の拡張は偏頭痛の原因になるとされているのです。

そのため、寒暖差が激しいと偏頭痛を引き起こしてしまいます。

また、梅雨の時期や台風、気圧の変化に伴い体調を崩してしまう人もいます。

偏頭痛持ちの人も同様に頭痛を引き起こす場合もあるのです。

雨の日には頭痛がする場合や、雨の前の日や、雨上がりに頭痛を経験する人もいるようです。

これは、気圧が急激に変わるからではないかと言われていますが、気圧の変動が原因とは断言されていません。

スマホやパソコンの長時間の利用によるもの

今となっては、生活する上で必要なツールとなっているスマホやパソコンですが、これらを長時間連続して使用すると、偏頭痛を引き起こす可能性があります。

偏頭痛は、血管の収縮や拡張で引き起こされる場合があるのです。

パソコンなどを利用し、同じ姿勢を長時間取り続けると、体が硬直してしまいます。

今まで動いていなかった体を動かし始めると、停滞していた血液が循環されるようになり、そこで血管が収縮や拡張を始めます。

また、体が硬直することで、肩や首がこってしまうのです。

また、パソコンの画面を見続けているのは、目を疲れさせる原因にもなります。

目が疲れてしまうと、その周辺の筋肉が凝り固まってしまいます。

これが慢性化してしまうと、頭痛に繋がっていくのです。

特にスマホは片手で持てるツールのため、下を向いた状態で操作する場合もあります。

下を向いてそうさするのは猫背になる場合も。

それが慢性化してしまうと筋力が低下し、背中や肩周辺もこってしまい、頭痛につながる恐れもあるのです。

他には、テレビを長時間見てしまうと偏頭痛を引き起こしかねません。

偏頭痛を持っている人は、光や音に敏感なケースもあります。

そのため、両方の刺激となるテレビを長時間見てしまうと、頭痛を引き起こしてしまうのです。

長時間の利用する場合はストレッチを
長時間の利用を控えられるのであれば、それに越したことはありません。
ですが、仕事などで、それを回避するのが不可能であれば、途中休憩を挟みストレッチなどをするように心がけるとよいでしょう。
ストレッチをする際は、首、肩、背中を重点的に行うとよいかもしれません。

また、休憩中には、目を休めるようにしたり、暗所で数分間休んだりするのも効果的です。

スマホ、パソコン、テレビを長時間見る人の中には、ドライアイになっている人もいるかもしれません。

目薬などを利用して解消するのもひとつの手です。

まとめ

今回は、偏頭痛の原因のひとつとして環境が与えるものについてご紹介していきました。

偏頭痛の原因を全て排除するのは困難を極めます。

しかし、その原因となるものに対しての対処法を知り、実行することで、頭痛を引き起こす頻度を下げたり、軽減したりできるのではないでしょうか。

ウォーターサーバーに関するお役立ち情報